カテゴリー別アーカイブ: Event

ミズベリングかのがわ会議 レポート2

ミズベリングかのがわ会議で出された案を現在国土交通省沼津河川事務所・沼津市役所 ・建設環境研究所 ・沼津ジャーナルのメンバーでアイディアを検証している。

IMG_1138

続きを読む

沼津をアピールする〜募集:ぬまづ燦々レディー〜

“燦々ぬまづ推進委員会”というものがある。
沼津の魅力を広く市内外にPRするための団体だ。

広告媒体を活用した市のイベントや観光施設のPR,にぎわいづくりや話題づくりにより沼津市の知名度の向上に貢献した人や団体の顕彰(燦々ぬまづ大賞)、キャンペーンやイベントにおける物産や観光施設のPRなどを実施している。
そしてぬまづ燦々レディーや燦々ぬまづ大賞の選考もその一つ。

海・山・川の豊かな自然に恵まれた沼津は、見どころ・食べどころ・遊びどころがいっぱいの沼津。
“燦々ぬまづ推進委員会”では、そんな沼津の魅力をより多くの人ににアピールするために「燦々ぬまづ」キャンペーンを展開し、
様々なイベント等を行っている。
その一つ、ぬまづ燦々レディーはこの燦々ぬまづキャンペーンのイメージリーダーとして、
各種イベントや観光キャラバンなどでPR業務を行うため昭和63年から始まった。

レディー

続きを読む

Think Kesennuma & Think Numazu

10月5日(日)に沼津魚市場でライジングサンマフェスティバルが行われる。
今年で4回目となるこのイベント。

IMG_1541

普段セリをしている場所にて魚市場の職員が炭火で焼いた秋刀魚を戸田塩、橘と一緒に振る舞いまう。
沼津の水産物も召し上がって頂き、 湾内のクルージングを体験したりと沼津の海の魅力を感じながら
港と港の人のつながりを考える機会になっている。

http://rising-sanma.org/

東日本大震災以降、沼津市民と気仙沼の間で様々な形で継続的な支援活動を行われてきた。
沼津魚市場の「産業が少しずつ元に戻り始め、港で水揚げができるようになったことは、同じ市場として喜びを感じます。この喜びを、沼津市民の皆さんや、沼津港を訪れた観光客の方々など、より多くの人たちと共有できたら」という想いが伝わり多くの方に毎年参加して頂いている。
港と港は海を通じて“モノ”もつながっている。
ライジングサンマフェスティバルを行い港と港の“人”のつながりを見つめ直し、港町沼津から被災地の
港に陽が昇るお手伝いを継続的に行っていけたらと思っている。

昨年度の支援金は高校生の取り組みにも支援された。

http://numazujournal.net/2014/03/kesennuma/

この時、体育館にいて卒業を迎えた一人に三浦亜美さんがいる。
ライジングサンマフェスティバルの前に三浦さんに被災当時のことや3年半経った気仙沼のことなどお話をして頂くこととなった。

THINK

震災当時中学3年生で気仙沼にて被災された三浦さん。
また被災地に通い大学で地域研究を行う泉有香さんが震災当時のことと今の被災地の現状をみなさんからの質問を加えトークライブを行う。
また震災後の行動をシュミレーションしたゲームを参加者のみなさんと行い、沼津での防災の事も考えるきっかけになれたらと思う。
イベントを通じて市民通しで交流を持ちながら、被災地から様々なことを学ぶ

■Loto.n コミュニティサロン
Think Kesennuma & Think Numazu
  『大学生の被災地レポート』
   日にち:9月30日(火) 
   時間  19:00 ~ 21:00
   場所:ロットン沼津市上土町60
   参加費:1600円 (学生・1000円)
  【お問い合わせ】
  ロットン
  reservation@lotn.jp
  055-919-1060

■RISING SAN-MA FESTIVAL 2014

日時:10月5日(日) 10:00 ~ 13:30
場所 :沼津魚市場第一市場 (沼津市千本港町)

【出店予定】
・焼き秋刀魚(チャリティー)
・沼津魚市場の水産物 ・ベアードビール ・我入道漁協 ・松風軒のおにぎり

【乗船体験】
 ・漁船体験乗船(無料)
   10時~13時   定員100名
    (整理券 9:30 より配布)

銀幕のスターが晩年を過ごした街で ~ありがとう三國さん~

昨年の4月14日、三國連太郎さんがこの世を去られた。
翌日、まちなかを歩くと街のみなさんが三國さんの事を話してくれた。

沼津ジャーナル:三國さんが過ごした街

その時、晩年を過ごされた沼津でも三國さんを偲ぶ会があればという声も聞いた。

多くの方からの声が集まり「ありがとう三國さん」という三國連太郎メモリアル企画が8月29日から9月7日まで沼津市立図書館で開かれることになった。

会場に入ると、よく目にした釣りバカ日誌などの多くの映画のポスターが目に入ってきた。

IMG_0356

様々な表情を持つ役者の三國さん。

そして展示の中央には写真家・信太一高さんによる三國さんのプライベートなど素を映した写真があった。
1972年にアフガニスタンの砂漠でのスチールカメラでの撮影から撮り続けてきた信太さんの写真。

IMG_0338

三國さんの表情は歳を重ねるにつれやわらかくなっていく。

60代の半ばに沼津で過ごし始め、晩年は沼津で過ごされていた。

俳優三國連太郎はなぜ沼津を選んだのか?
展示を見ながら改めて思う。

IMG_0327

群馬県で生まれ7か月の時、父親の故郷・静岡県西伊豆に戻った。
旧制中学二年まで土肥町で育つ。
この時期、沼津へ行くと映画館があったりと憧れの場所だったと、かつての広報ぬまづで語られていた。

IMG_0351

下田港から青島に渡り、その後釜山で弁当売りをし、帰国後は大阪でさまざまな職に就きそして中国に兵役出る。
戦後は宮崎、鳥取、福島と移り住みながら27歳の時に銀座でスカウトをされ俳優としてデビューをした。

恵まれた環境ではなかったが掴みとった栄光。
銀幕のスターとして不動の地位を得て60代で求めたものの一つが沼津での生活だった。

IMG_0333

今回の展示は様々な方に協力して頂いている。
映画会社、スポンサー企業、ご家族、写真家、ファンの方。
この展示品を借りるためお願いにまわった実行委員会の杉山さんは
「お借りする時、みなさんがとても協力的で三國さんは多くの方に好かれていたということを改めて感じた」
と今回の企画の背景も教えてくれた。

IMG_0358

「こんなすごい方が沼津で過ごしていたという事をもっと知って頂きたい」
と杉山さんは語られた。

今回の展示に合わせ、三國さんが愛した沼津のお店を紹介した冊子が制作され配布をしている。

会場を出て冊子の地図を見ながら珈琲を飲み、狩野川に沿って海に向かい秋空を見ながら歩いてみた。

IMG_0374

海、川、山、街、人、仕事、そして思い出との距離感が三國さんにはほどよく心地よかったのかなとふと思った。

10660793_538413122926552_353286186_n
Photo:Misawa

ご自宅近くの愛鷹の農家さんとは、野菜を届けてもらったり餅つきを一緒にしたりと交友を持たれていたようだ。

今でも農家さんは三國さんと過ごした家に通い庭の手入れなどお手伝いをしている。

亡くなられて1年。
この場所に三國連太郎は存在しないが、彼は作品の中で生き続けている。
そして彼の好きだった場所もここには存在し続ける。
三國さんの映画を見た後に沼津を歩くと、昭和の激動を生きた俳優の人生の一部を少し知ることができ、三國連太郎の作品と沼津という街がさらに面白く見えるかもしれない。

IMG_0375

三國連太郎メモリアル企画「ありがとう三國さん」

沼津市立図書館(沼津市三枚橋町)
8月29日~9月7日(9月1日:休館)
火曜日~金曜日:9時30分~18時30分
土曜・日曜:9時30分~17時
入場料:無料

沼津のまちなかで暮らすこと  ~Lot.n コミュニティサロン~

MOMLIFE

沼津で暮らすこと。
ライフスタイルによりエリアを選択ができるのも沼津の魅力と言える。

気軽にジョギングやカヤックをしたいから海のそば、
車で移動しやすい郊外、
電車での通勤や商店をまわりやすい“まちなか”。

使用拡大街

全国で人口流失6位になった沼津は本当に住みづらい場所なのか?

そして何が足りてないのか?

N9

そんな事を見つめようと沼津の子育て中のママに集まって頂き、
今回は『沼津のまちなかで暮らすこと』をテーマに日常で思っていること、感じていること、
不安なことなど沼津市の都市計画部の方と一緒にLot.n コミュニティサロンで意見交換をすることになりました。

住む場所を考える世代で、実際の住まいへの要望や気にすることが一番多いのが子供のいる“ママ”。“まちなか”って住む場所として選んでもいいけど・・・

沼津の“まちなか”の良い悪い好き嫌い、ママとしての住みやすさ、いつも何気なく感じることや思っていることなど、住んでいなくてもOKです。
お茶とお菓子を食べながら自由にみなさんとお話して頂き、行政の方にもその声を届けたいと思います。

現在、“まちなか”に住んでいる方、またこれから住むことを考えている方、Lot.nのコミュニティサロンでお待ちしています。

===========================================

【会場】Lot.n(沼津市上土町60)
【日程】9月10日(水)
【時間】① 10:00~11:30  ②13:00~14:30
  ①②のうち、ご都合のよろしい時間帯を教えてください。どちらでも可な場合も教えてください。
【募集する人と定員】10名程度
沼津市内在住の子育て中の女性(特に、幼稚園生から小学生のお母様)
【参加費】無料
【連絡先】沼津市役所 都市計画部 建築指導課  担当:松本
tel 055-934-4759
mail kentiku@city.numazu.lg.jp

===========================================

創造都市ポートランドから港町・沼津が学ぶこと~藤原慎一郎×岡島悦代 トークライブ~

THINK

毎週400人が移住希望をしにやってくる街、アメリカオレゴン州ポートランド。
多様な人々が集まり、世代を超えたコミュニケーションが自然と行われている理想的な街がある
ここ最近、日本の雑誌でもこの地域を多く特集している。
このきっかけを作ったのは1月に出版された『TRUE PORTLAND』という本だ。
全米一住みやすい都市の真実を探る日本初のガイド本。

34655_2_dvkUTmumMe

『ポートランドに行くと“人が街をつくっている”ことに気がつきます。
企業よりも、才能を持った人々を誘致することにより新しいチャレンジが巻き起こる状況が街の至る所で発生しています。』
こう語って頂いたのは、この本の編集や取材に携わったコンテンツクリエータの岡島悦代さん。
沼津出身の方だ。
P1050085
岡島さんはこの本の編集をしながら沼津の事も考えたようだ。
『都市と自然のバランスを理想的に保ち、人間の欲望をポジティブな力に変える政策は斬新なものばかり。
マウント・フットという富士山に似た山が見え、街中にウィラメット川が流れており、沼津市の地理とも類似点があると思います。』
そして下のウィラメット川の写真を撮ったのはケンブリッジの森デザイン事務所の藤原慎一郎さん。

 

ぽ2

 

藤原さんは建築デザイナーとして静岡県を中心に店舗や住宅など素敵な空間を造り出し、
沼津市が主催する沼津自慢フェスタにて『THIS IS NUMAZU』の企画も行い地域を見つめている方だ。

 

P1080892
 
 藤原さんは「TRUE PORTLAND」を読み、気持ちが抑えられなくなり6月にポートランドへと旅に出た。
この本は編集の仕方が面白く、普通のガイドブックとは違うものを感じ、街の取り組み方や人のつながり方に興味を持ち、沼津のこれからにいいヒントがあるのではないかと思ったそうだ。

 

unnamed
 
藤原さんは歩きながら街や街に住む人が豊かであることを実感した。

 

写真 1

 

その豊かな環境の中で、多くの人がライフスタイルを楽しんでいた。
 結果的に仕事も楽しくやっている印象を受け、クリエーターとして、純粋に憧れる街だったそうだ。

 

写真 2

 

いったいポートランドがここまで人を魅せる地域になったのはなぜなのだろうか?

 
ポートランドに住んでいる方がかつて沼津や伊豆に来て
「何かこの地域はポートランドにあるスピリッツに近いものを感じる」
と言った事を思い出した。

 
山、海、川、街がすぐ近くにある沼津。

東京から沼津に来た方が、ここで豊かに暮らす人と話をすると、この地域でこんな事をやってみたい、住んでみたいという声をよく聞く。

 
しかし、沼津の街中は一見寂しくなり、人口流失が全国ワースト6という現実。
 
このミスマッチはなぜ起きているのだろうか?
 
そんな疑問をポートランドから見つめ、我々一人一人ができる事を探れたらと
岡島さんと藤原さんのトークライブをLot.nで行うことになった。
 
岡島さんからポートランドに住む人たちの意思が街中の現象として表れている事例を
『TRUE PORTLAND』の取材体験からお話しして頂き
藤原さんには旅で見つけたこの地域が豊かになるヒントをお話して頂く予定だ。
 
静岡のクラフトビールやこの地域ならではの食をつまみながら、トークライブを通じて参加者のみなさんとゆるやかに“知”を共有できたらと思う。

 
=====================================
 

創造都市ポートランドから港町・沼津が学ぶこと

≪定員に達し募集を締め切りました≫
 
<スピーカー>
藤原慎一郎(ケンブリッジの森デザイン事務所)
岡島悦代(自由大学/コンテンツクリエイター)
<進行>
小松浩二(REFS/沼津ジャーナル)
 

【会場】Lot.n
    (沼津市上土町60)

【日程】7月23日(水)

【時間】open  18:30
            19:00~20:30
【参加費】1600円
     ワンドリンク付き
【定員】30名

 

【お申込み】 Lot.n

reservation@lotn.jp
055-919-1060
 

=====================================