作成者別アーカイブ: 小松 浩二

The beauty of nature through art ~Gallery Kikurage~

【日本語ほコチラ】
Next to the yakiniku restaurant sign is the art gallery’s signboard.

honda7

It looks a little unbalanced, but if you look inside, you will see numerous pictures on the wall. According to the sign, this is not the entrance. There is a narrow aisle beside the store, and a sign that says “Enter here”.

honda2

続きを読む

沼津に暮らし働くひとたちを“自転車”で巡る旅 2016春

豊かな自然資源と、そこに暮らす面白い人々。
東京から一時間、日本一高い山と日本一深い湾を抱える沼津で、身の丈の活動、商いをしている人のライフスタイルを知る一日。

沼津駅から沼津港までのルートを自転車に乗り、ナビゲーターとともに地域の人・コト・モノを一緒に巡る旅をします。

IMG_7386

続きを読む

A RELAXED SPACE TO SPEND YOUR TIME~JOUJOUKA~

JOUJOUKA re-opened in March 2012, moving it’s location from Soejichou to Agetsuchi shopping street. JOUJOUKA is a vintage clothing store specializing in clothes the owner purchases from U.S. and England.

he store’s owner Mr. Okumura decided to move his store to Agetsuchicho after the Night Market on October 2011, and from that December, he began work on the interior furnishing himself.

IMG_6099-300x224

続きを読む

ワインと共にルーツを感じる場所  ~Ninoe~

沼津駅南口をから歩いて3分ほどの場所にあるホテルアリア。
その1階に本格的なフレンチレストラン、
またアラカルト1品から楽しめるバーとして15年の歴史をもつNinoe(ニノエ)がある。

IMG_1561

続きを読む

父親の小さなキッカケ〜numaパパのイエシゴト〜

沼津では、若い方に多様な働き方・暮らし方ができる地域となるよう、様々な取り組みが行われている。

その取り組みの一つに、沼津市子育て支援課の「numaパパのイエシゴト」がある。
3回からなるこのプログラム、1回目が11月3日に行われ、NPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤さんのワークショップが行われた。

テーマは、「パパ・ママ一緒にハッピー家事&育児」。
父親が育児に関わることは、母親の育児ストレスが軽減され家庭が円満になる。
しかし男性の子育ての現状は課題も多い。
安藤さんは父親が変われば、家庭が変わり、地域が変わる。
そして、社会が変わると提案された。

現代の父親に必要なパパ力は、ママを支える事、そしてパパ友をつくる事のようだ。
そのためには父親であることを楽しもう!
と、ご自分の経験も踏まえ、お話をされた。

楽しむための方法は家事にもある。
洗濯、皿洗い、掃除、ゴミ捨て、料理・・・
各家庭、夫婦の分担バランスで試行錯誤されているはず。

“カジメン”と力まなくても、空いた時間やちょっとの時間を作り、家事や育児を楽しむ。
例えば、食卓にさらっと料理を出すとママは喜び、美味しい料理にお子さんも喜ぶはずだ。

というわけで、numaパパのイエシゴトでは、この地域の食材を使った料理教室を行う事になった。

2回目となる12月5日、門池地区センターで「ママが喜ぶ休日ブランチ」というテーマで料理教室が行われた。

IMG_0660

続きを読む

日本一の塩を目指すミッション~NPO戸田塩の会~

“甘い塩”というと語弊があるかもしれないが
戸田塩の会が作る塩は口の一部分に甘さを感じる。
そしてやわらかくコクがある。

真っ白で滑らかでやわらかい雪のような塩。
まあるいしょっぱさは作り手が見えるようにやさしい。

それは塩なんてどれも変わらないのではないかと思っていた私にとっては衝撃だった。

その塩を追い求め戸田の作業所に見に行った。
海のすぐそばにある木造の建物の真ん中に大きな四角い窯。
壁には薪がおいてある。

IMG_5844
続きを読む

沼津をアピールする〜募集:ぬまづ燦々レディー〜

“燦々ぬまづ推進委員会”というものがある。
沼津の魅力を広く市内外にPRするための団体だ。

広告媒体を活用した市のイベントや観光施設のPR,にぎわいづくりや話題づくりにより沼津市の知名度の向上に貢献した人や団体の顕彰(燦々ぬまづ大賞)、キャンペーンやイベントにおける物産や観光施設のPRなどを実施している。
そしてぬまづ燦々レディーや燦々ぬまづ大賞の選考もその一つ。

海・山・川の豊かな自然に恵まれた沼津は、見どころ・食べどころ・遊びどころがいっぱいの沼津。
“燦々ぬまづ推進委員会”では、そんな沼津の魅力をより多くの人ににアピールするために「燦々ぬまづ」キャンペーンを展開し、
様々なイベント等を行っている。
その一つ、ぬまづ燦々レディーはこの燦々ぬまづキャンペーンのイメージリーダーとして、
各種イベントや観光キャラバンなどでPR業務を行うため昭和63年から始まった。

レディー

続きを読む

循環の物語『一杯のスープをつくる時間』

『一杯のスープをつくる時間』というワークショップが2年ぶりに行われる。
富士山の麓から海までの地域の循環を体感する長期体験型イベントだ。

最高のスープを飲むために、器をつくる木を切る過程からスタートをする。

『森』 ⇒ 『水』 ⇒ 『畑』 ⇒ 『川』 ⇒ 『海』

器ができあがる12ヶ月の時間、スープの中に入れる野菜の農作業のお手伝い、材料となる食材を作ったりと、食そして自然の物語が共有できる。

今回で4シーズン目。
2016年版は特に伊豆の川に焦点が当てられる。

IMG_6566
続きを読む

沼津御用邸記念公園/松間の饗宴

沼津御用邸記念公園にて松籟の宴(しょうらいのうたげ)が11月15日までの2週間開催される。

御用邸記念公園の魅力を感じることを目的とし様々なプログラムが用意されている。
10月31日・11月1日の松間の饗宴(まつまのきょうえん)」は沼津近郊の食材を庭園で愉しむプログラムだ。

IMG_1955

続きを読む

THIS IS NUMAZU2015

THIS IS NUMAZU /沼津自慢フェスタ2015が9月10日から3日間開催された。

『日本一 美酒 美食の街へ』
生産者、料理人、バーテンダー、アーティストが沼津の自慢の食材・サービスを提供するイベント。

image

実は台風の影響で1日目の開催の中止を決めていた。
しかし、“沼津は晴れるかも”との予想、そして多くの方の“やりたい!”という意見。

実行委員会メンバーは悩みに悩んだ。
続きを読む