自然に暮らす~海編~

上土商店街にある古着屋のJOUJOUKA。
夫婦で営むお店。

IMG_5703

二人が1か月をかけて選び抜いて買い付けてきた服や雑貨達は
どれも素敵でファンも多い。

IMG_5701

沼津に住む人はもちろん、東京からも二人の服を求めてやってくる。
遠くからでも足を運んでしまう。
ちょっと会いに行きたくなる。
もちろん売られているものはどれもこれも素敵。
店内も自分たちで改装し、いい空間が広がる。
だけどそれだけではない。やっぱり二人に会いたいのだ。

IMG_5712
IMG_5717

その空気感はなんとも言えない。
なんでこんな空気感が出てくるのだろうか・・・

その謎をとく一つにこの夫婦の暮らしがあるんだと思う。
それはどんな暮らしなのかというと
「地域を楽しむ暮らし」だ。

IMG_0253

沼津といえば「海」。
千本浜はきれいな湾曲を描き、その先には富士がそびえたつ。
潮の流れによりけりだが、調子がいい時は本当に透き通るきれいな海が広がる。
すぐそばには松が生い茂るなんとも情緒あふれる場所である。

その海をライフスタイルの一部にしている二人。

IMG_9305

朝起きて、浜辺を散歩し、自転車で海岸線を走る。
海がきれいならばそのまま泳ぐ。
ひと泳ぎして、家に帰り、シャワーを浴び、朝ご飯を食べて店に行く。
なんだか気分が乗る日はそのまま港にご飯を食べに行くことも。
仕事が終われば、ベアードビールを飲みに沼津港のタップルームに行く。
沼津の魅力を自然体で堪能している。

なぜ泳ぐのですか?と聞いてみた。
答えは「気持ちよさそうだから泳ぐ」
なんてシンプルなんだろう。

この「シンプル」こそが大切なのだ。
理由はなんだっていいし、偉そうな理由なんていらないのだ。

「海がきれいだったら泳ぐ。
飲みすぎた次の日は海に入らない。」

IMG_9310

こじゃれた小手先のおしゃれではない
本物のおしゃれ、というか本物の「好き」を寄せ集めたような二人の生活。

出来上がった楽しみではなく
楽しみの原石をふたりで磨き上げたものなのだ。

だから「楽しみ」は
その人の磨き方によって全然違うものに変わるだろう。

IMG_5709

どこにでもあるようで、どこにでもない。
同じ場所、同じ条件もない、
それが「自然」。

ただ1ついえることはご主人が言っていたこの言葉。
「家でTVをみてるだけではもったいない。」

なるほど。
一歩外に出てみれば、それぞれの広がる景色がある。
テレビで見るような”いわゆる”景色なんていらないから
自分らしく楽しめばいい。

自分らしく楽しんだ人の顔は気持ちがいい顔だ。
ふたりの無邪気な顔につられて海に行きたくなる。

IMG_5706

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>