音楽の力に酔う夜

numazu-journal

“最初はステージもなく、後ろに看板があるだけだった。
バンドの設備もなかったので、あの頃はアコースティックでやったりして”

沼津自慢フェスタの1回目を知る歌手、CANARYはそう振り返る。
イベントやクラブなど幅広く活動するCANARY。
いまや沼津を代表する地元シンガーのひとりである。

“歌う以外になかった。文集とかにも「歌手になりたい」って書いてた”
物心ついたころには歌手を目指していた。
まさに生まれ持ってのシンガー、歌うために生まれてきた。

numazu-journal2

趣味であったダンスを通じブラックミュージックに触れ95年頃から本格的に歌手活動を始めた。
ジャマイカやNYへの旅でスタジオワークなど音楽的経験を深める。
転機は沼津への帰省である。
藤沢や川崎、名古屋で過ごしていた彼女が地元である沼津に帰ってきたのは8年前。
その時に書いた曲が“Roots of my life ~沼津の歌~”である。

“春のあったかいSUNDAYは 香貫山でてっぺんで酒飲んで
桜の花びらのシャワーあび 歌い 騒ぎ・・・ってしたい
夏は千本で足つかって 波に向かって走って
「バカヤローッ!」って叫んで
狩野川の堤防にすわり でっかい花火みたい”

ストレートに表現された地元への愛情。
一度外から見たからこそ分かる沼津の良さ。

“何日かかけてではなく1日で出来ました。ドバっと出てきました(笑)”

作曲時の様子をCANARYはこう語る。
包括された豊かな音楽性、沼津に対する愛情、シンプルだからこそ伝わるメッセージ。
曲の持つ力はそのまま音楽の持つ力に昇華される。

numazu-journal3

9月14日、今年も中央公園に“Roots of my life ~沼津の歌~”が流れる。
クレジットはCANARY with FRIENDS。バンド編成での登場だ。
“ここ1年でバンドとして定まってきた。レゲエだけでなくいろんな音楽を聴かせることができると思います”
本番へ向けてバンドはひとつになっている。
“自慢フェスタのお客さんは暖かくてものすごく楽しい。沼津愛は誰にも負けないんで会場を盛り上げたい”
ステージを心から楽しむCANARY。
歌の持つ力、バンドの力、音楽の持つ力を体験してほしい。

numazu-journal4
『Humming Bird』
ICI Records
CBCA-001

3 thoughts on “音楽の力に酔う夜

  1. RIKEN

    H25.9.14 沼津自慢 フェスタ ステージで歌を聴かせてもらいました。
    一言で 気に入りました また聴きたいです。 
    何処で 歌っているのかな?

  2. 下山 Post author

    コメントありがとうございます!
    CANARYさんのスケジュールですが、次回は10月13日、江ノ浦湾花火大会、15:30からの出演予定となっております。
    ご都合あいましたら是非!

  3. inagi toshitake

    Canary の歌 昨夜もリバーサイドホテルで聴かさせてもらいました。 Face book と同じ 「いいね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。