タグ別アーカイブ: アウトドア

沼津アルプス:横山⇒徳倉山ルート

沼津アルプスの魅力は途中から登れて、途中から降りられること。
今回は横山~徳倉山という約3kmのトレッキングルートを紹介。

アルプス地図

上土バス停より温水プール行きのバスに乗る。乗車時間は16分、八重坂バス停で降車。

IMG_1854

バス停を前にして左手方向に2分ほど歩きカーブ道をぬけると右側に“いのしし注意”の看板が見えてくる。

IMG_1859

この横山の登山道を示す案内板から山道へ。

IMG_1857

案内板がなければ見落としてしまいそうな小さな登山道だが、すぐに急な斜面が待ち構えている。
足元にはどんぐりや栗、アケビが落ちている。こんなところにも秋は転がっている。

numazu-journal

30分後、横山山頂へ到着。ここにも山頂を示す案内板。
こういった案内板が整備されているのも沼津アルプスの良さである。
山頂で小休憩をとり、続く徳倉山へと歩みを進める。
徳倉山はその形が象に似ていることから象山と呼ばれ親しまれている。
ここは階段が一段一段高いため、鎖につかまり体を持ち上げるように登る。

numazu-journal7

沼津アルプスもなかなかハードである。
それもそのはず、沼津アルプスは冬場も雪が積もらないため、トレーニング目的で訪れる登山者がいるぐらいである。決して高くない標高ではあるが長く続く起伏がいい練習になるそうだ。

横山山頂より40分、開けた場所にでたと思ったらそこが徳倉山の山頂。
眼下に広がる駿河湾、千本浜の描く曲線、北を見ると香貫山の向こうに愛鷹山、富士山という景色が広がり、近隣住民の方が初日の出を見に訪れるポイントでもある。

numazu-journal3

ここで昼食をとるグループと遭遇。
バーナーでお湯を沸かし、パスタを茹で始める。
訊くと夏に富士山に登り山の魅力に気づいたとのこと。

“富士山もよかったんですけど、それよりも地元にいい山があるよねとなったんです”
“沼津アルプスはコンパクトながらに起伏があるし、眺望もいい。仲間同士で登っていると楽しいですよね”

次回のコースは志下坂峠へ。
この日は香貫台の分岐点で山を下りる。帰りはそのまま香貫台入口バス停から再び上土バス停へ。

Lot.nを基点に沼津アルプスの魅力を探す旅、気になったらLot.nスタッフに気軽に聞いてほしい。

numazu-journal2

狩野川を下る

“狩野川って富士山に向かって流れているんだよ”
という話を聞いた。
なんとも不思議なことを言う人だと思ったのだがすぐにその意味がわかった。

狩野川は伊豆半島の最高峰、天城山に端を発し北流
沼津市付近で大きく向きを変えて駿河湾に注ぐ。
しかも狩野川のような太平洋側の大河川で北流するものは本川だけなのだ。

狩野川水系は、伊豆市の天城山に発し、さらに箱根山や富士山等を源とする柿田川、黄瀬川等を合わせ沼津市において駿河湾に注ぐ、幹川流路延長約46km、流域面積852㎞の一級河川である。
なんと欲張りなんだろうか。
伊豆、富士山、箱根のミネラルをぎゅっと集約している。

今回、カヤックタパさんの指導の下
ラフティングで狩野川中流(境川河口・長伏)から下流(リバーサイド前・上土)までを下った。
今回のクルーはタパさんとラフティング初心者3人を含む6人。

まず、ウエットスーツに身をつつむ。10月とはいえ水がかかると寒い。防寒はしっかりと。
タパさんではウエットスーツやマリンシューズの貸出しも行っているのでなにも持っていなくても安心だ。
ライフジャケットを着て街中を歩くのもなかなか悪くない。

IMGP3835

長伏までは車で移動。
着いたら全員でラフティングボートを膨らます。
この日は天候が悪かったのでちょっとしたお菓子と飲み物を持って。
天候が良ければガスバーナーを積んでお湯を沸かしお茶を淹れることもできる。

IMGP3845

準備体操をし、パドルの練習をしたら全員で川辺まで運ぶ。
草むらをかき分けてエントリー。
道なき草むらをぐいぐい進むのは冒険の始まりを教えてくれた。

IMGP3857

一人ずつ乗る。
そうぞうしたよりも安定感がある。
タパさんによる解説を聞きながら、ゆっくりとスタート。

IMGP3863

さっきまで見ていた景色とはうってかわって
大自然の中に放り込まれた感覚。
まるでジャングルクルーズ。

IMGP3892

川には多くの鳥たちを見ることができた。
想像以上にダイナミックな鳥たちの移動に驚き
こんなにも生き物がいることに感動する。

箱根や富士山から流れる川と次々合流していく。

柿田川には降りてみた。さすが湧水、透き通った水はとても冷たい。
IMGP3911

ここでちょっと休憩をしおやつを食べる。
心地よい疲労感に甘いチョコレートが染み渡る。
こういう休憩もラフティングのちょっとした楽しみである。

黄瀬川。橋の下をくぐる。
IMGP3916

さらに進む。
だんだん街の景色が見えてくる。

IMGP3938

いつもは自分たちが通っている道路を走る車を川から眺める。
川を眺める人に手を振る。

そしていよいよ到着。
約3時間のクルーズ。

のんびりと川の流れに身を任せてみたり、
仲間と話をしたり、休憩をしたり、
時には力いっぱい漕いでみる。

そこには植物、生き物、沼津アルプスなど山々、そして川の流れ。
すべてを一身に感じることができた。

当たり前のことなんだけど
いつもと違う目線で、ちょっと植物や動物たちの気持ちになると
河を汚したくないという気持ちになる。

タパさんにいろいろ解説をしてもらいながら
河川敷を整備するためにいろんな努力があることも知る。
だけどどんなに技術が発達しても自分たちが気をつけなければ一番良い状態にはならない。
川とともに暮らす私たちだからこそ、この川を愛おしく思っていきたい。
そういうとちょっと大げさかもしれないけれど。

カヤックやラフティングなどで川を下っていくと
日本で唯一富士山を進行方向に眺めることができる狩野川。

この日はあいにくの天気で眺めることができなかったが
これからの季節、うっすらと雪をまとった美しい富士山を見ながら川を下るチャンスも多いだろう。

どこをとっても楽しめる川、それが狩野川だと思う。
狩野川の可能性は大きい。
川や水を体感しそして楽しみたいという方、カヤックタパ自然学校では、川下りのプログラムが多くあるので相談することがおすすめだ。

≪カヤックタパ自然学校≫
http://tapa.ptu.jp/F055-933-1337
T 090-1283-0840
F 055-933-1337