【求人】川の流れと共に食と向き合う時間

「狩野川を眺めながら、美味しい物が食べたい」
そんなリクエストを聞くと美食倶楽部 蓮をおすすめする。

IMG_7733

美食倶楽部 蓮は平成23年に沼津上土町にオープンした。
沼津駅北口で寿司懐石 西庵という店舗を移転し名前を変えてのスタートだった。
店主の伊藤さんは、全国からのおしいいものや、この地域のおいしい食材を丁寧に提供する。

IMG_7813

伊藤さんは沼津生まれで沼津育ち。
小学生の時から料理人になりたいと思い、中学生の卒業文集には“有名な料理人になる”と書いていた。
その夢を抱きながら、東京で修業をした。
23歳で新宿発沼津行きの朝霧号に乗ってUターンした時、今まで仕事をしていた東京から生まれ育った沼津に“直接東京の風が入ってくる”と自分と地域のことを客観的に思った。

沼津駅周辺で小さくてもいいから30歳までにお店を持とうと決めた。

その時に夢は具体的になる。
29歳で夢を叶え、寿司懐石で注目をされ行列のできる店となった。
店という空間で20代30代を自分がここで働いている事を描けていいた。
しかし40代で働いている絵が想像できなく、36歳から次のステップのための物件探しを始めた。
料理だけでなく沼津を発信できる場所がポイントだったようだ。

探し続け出会ったのは、川の魅力を味わえ料理が一つの確かな存在として溶け込む場所。

IMG_7831

そこで提供されるものは、和食をベースとした力強い食材。

「この地域の食材について環境が良すぎるせいか、優れているものがたくさんありすぎます。
だからこそ甘んじるのではなく、一つ一つの個性を引き出せたらどこにも負けない料理が生まれると思います」
と伊藤さんは言う。

食材を見つめると共に地域も見つめる伊藤さん。
豊富な食材を使っている料理人たちが沼津ってこんな街なんだとPRすべきと思い地域のイベントにも協力する。
沼津自慢フェスタでは美食ゾーンというエリアのセクションを実行委員としてまとめる。

IMG_8488
(自慢フェスタにて高校生と料理を提供)

このような取り組みもあり伊藤さんのまわりには、食と地域を見つめる料理人が集まる。
そしてこれからの世代の料理人も集まる。

そんな美食倶楽部 蓮では一緒に働くメンバーを募集している。

料理に関心があり、向上心のあり・物事を一生懸命できる人に働いてもらいたいそうだ。

狩野川が目の前で、いい環境で仕事ができるはず。
技術に関しては、日本料理も習得でき、蕎麦も打てるようになり、フグ免許(東京都の免許)も習得可能だそう。
     
きっと、お客様や仲間が、そして“美食倶楽部 蓮”という空間がおいしい食を生みだしていく過程のあなたを応援してくれるはずだ。

IMG_7714

===========================

調理スタッフ・ホールスタッフ(正社員)
調理スタッフ・ホールスタッフ(パート・アルバイト)
正社員:10:30~24:00(実動8時間のシフト制)
アルバイト:上記内で時間は応相談
      ※週2~3日から勤務日もOK 
休日:正社員 日曜日 +シフト休 夏季・冬季等有
給与:経験者/月給 20万~25万円
   未経験者/月給 18万円から(経験・能力により優遇)
  アルバイト/860~1200円 ※深夜割増有
資格:未経験者歓迎
   調理経験者・勉強中の方も歓迎
連絡先:
info@numazu-ren.jp

HP:http://www.numazu-ren.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>