ひとりで申し込んでみた!~ぬまづ観光ボランティアガイド~

numazu-journal6

ぬまづ観光ボランティアガイドは御用邸記念公園やびゅうおなどの観光案内、ウォーキングイベントの開催などを行っているが、なんと一人でも利用可能とのこと。
これは早速申し込んでみるしかない。
コースはいくつかに分かれている。希望者はその中から好きなものを選び申込書を送ればいい。
千本浜公園を中心としたコース、びゅうおや沼津港魚市場をまわるコース、香貫山往復コースなどどれにしようか迷うところだが、今回は御用邸記念公園を案内していただくことにする。
当日は御用邸西附属邸の入り口で待ち合わせ。どんな方にガイドしてもらえるのかと緊張してくる。

numazu-journal

今回ガイドしていただいたのは長谷川明郎さん。目印は紫色の帽子である。
簡単な自己紹介を終えると、長谷川さんの案内で厩舎として使われていた建物へ入る。
ここは誰でも利用できる休憩所になっている。
そこで今回案内していただくコースを確認しながら御用邸の成り立ちや歴史を教えていただく。
一通りの説明が終わったら西附属邸をぐるっとまわりこむように海辺へと出る。

numazu-journal2

ここからの景色は良く、駿河湾に面した牛臥山、淡島、達磨山、天城連山と一望できる。
歴史民俗資料館では昔の人々の暮らしぶりや、江戸時代から大正初期にかけて内浦・静浦沿岸で行われていたマグロなどの囲い込み漁の様子を知ることも出来る。

numazu-journal7

また、御用邸の敷地内に作られた防空壕の跡など、一人では見逃してしまいそうなものまで丁寧に案内していただく。

numazu-journal4

その後、、昭和天皇の学問所として造営された東付属邸を一周。
途中、潮風から生活を守った沼津垣の話や京都の待庵を忠実に再現した駿河待庵など長谷川さんの説明にも熱が入る、また、東付属邸の窓ガラスに使用されている手作りガラスの話など興味深い話を聞くこともできる。

numazu-journal5

東付属邸をまわり終えるとガイドは終了。
ここまで2時間のコースだったが、あっという間に時間は過ぎる。
長谷川さんによると平日は事前の申し込みが必要だが、土日はボランティアガイドのメンバーが常に待機しているので気軽に声をかけてほしいとのこと。

“ボランティアガイドはそれぞれ勉強してますから、個性があって面白いと思いますよ”

ボランティアガイドの方との会話を楽しみながら御用邸記念公園を散策するのも面白い。

≪ぬまづ観光ボランティアガイド≫
沼津市千本港町117 NPO法人沼津観光協会内
TEL:055-964-1300

ガイド料 1,000円(1グループ)

コースもいろいろ!
1.潮の音プロムナードコース(以下の一部あるいは前コース)
 ①千本松原・千本浜公園・若山牧水記念館(所要1~2時間)
 ②港口公園・沼津港大型水門「びゅうお」・沼津港魚市場(所要1時間)
 ③我入道の渡し・芹沢光治良記念館・牛臥山公園(所要1時間)
 ④沼津御用邸記念公園(西附属邸・本邸跡・東付属邸)(所要1~2時間)
2.沼津駅からの周遊散策コース
 ①香貫山往復コース(所要2~3時間)
 ②狩野川・駅周辺史跡コース(所有1~3時間)
3.文学コース
 ①若山牧水コース(所要1~2時間)
 ②井上靖コース(所要2~3時間)
 ③芹沢光治良コース(所有1~2時間)

【HPに戻る】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>