香貫山を走る

numazu-journal

“今となっては生きていくために走らないといけない(笑)”

15年ほどサラリーマンをやっていた西堂路さん、あくまで趣味であったランニングだったが知人の勧めで湘南マラソンに参加、次第に仕事へとなっていく。
この日、香貫山を使って初めてのトレイルランが行われた。
トレイルランとはランニングスポーツの一種で、舗装路以外の山野を走るものをさす。引率するのは普段は都内や鎌倉を中心に活動を行っているかまくRUNの西堂路淳さん。
Nステこと沼津RUNNNING&SKILLS STATIONに集まったのはおよそ10名。
第1回目のわりには多い参加者だと西堂路さんは言う。

numazu-journal4

“鎌倉で一番最初に始めたときは2~3人でしたからね。10人集まったのは素晴らしいですよ”

香貫山でトレイルしたい、走りたい、そんなニーズがあったのだろうか、言われてみればそれもそうだ。
こんな街中にある山だ、いままでトレイルしなかったほうが不思議と言えば不思議である。
ただし、ランニングのプロである西堂路さんが言うには決して楽な山ではないとのこと。
沼津アルプスの織り成す起伏は鎌倉の山にはないという。普段は軽装で登れる香貫山だけに意外である。

“安全で危ない山ではないのでそういう意味では初心者向きですが、正直しんどいなというのが第一印象です。アップダウンが続くので初めての人は誰でもウェルカムという山ではないですね”

numazu-journal2

集まった10人は30分ほどの講習を受ける。
かかとから履くという正しいシューズの履き方、バックの選び方、救急セットなどの持ち物や飲み物について、二人一組になってハチマキを使用した捻挫対応方法など初心者でもわかりやすく、経験者にとっては目からうろこの内容だ。

講習が終わるとさっそく香貫山へ向けてスタートする、目指すは193mの山頂、芝住展望台。

“ランニング教室というかもう山に行ってしまったほうがいいんです、そのほうが楽しいんですよ。駿河湾とか景色もいいですしね”

Nステでは今後も継続してトレイルランを行っていく予定だという。
徐々に距離を伸ばし最終的には沼津アルプスの縦走が目標だ。参加資格はロードを60分程度継続して走れる方。あまり難しく考えずまずは体験を。
身体を動かす喜びを自然の中で感じようではないか。

numazu-journal3

かまくRUN:http://www.kamakurun.jp/
沼津RUNNNING&SKILLS STATION:http://n-sta.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>