自転車で海沿いを走りカフェへ行こう~チェレステカフェ~

“伊豆は自転車乗りにとって初心者から上級者まで楽しめる最高の場所なんですよ”

海沿いは緩やかな道が続き、山に入れば激しいアップダウン。
山の景色も海の景色も楽しめる。海の向こうに富士山を見ることも。
そしてなんといっても疲れた時に楽しめる美味しい恵み。

celestecafe6

そんな伊豆の入口、内浦には自転車乗りたちが集まるカフェがある。
それが“チェレステカフェ”
チェレステとはイタリア語で“青い空”という意味。
それだけではなく自転車乗り達の注目するブランドだそう。

“この名前なら自転車が関係してることがわかると思って”
そう答えるのはオーナーの小野剣人さん。

celestecafe11

出身は東京、約10年前に静岡に移住してきたそう。
昨年3月にオープンする前は朝霧にいた。
実はスノーボードで靭帯を痛めたことをきっかけに
リハビリを兼ねて自転車を再開したらまんまとはまってしまった。

celestecafe5

おちゃめで話好き。そして温かく見守る奥さま。
そんな空間が心地よく、メニューも甘いものからごはんまで揃い、
自転車を漕ぐ心地よい疲れにやさしく響く。

celestecafe8
≪生地から手作りのピザ≫

こんにちはと自転車を担いで中に入ってきたお客様

celestecafe4

“なにか甘いものを”とシナモンロールを。
自転車の格好とシナモンロールのギャップがなんだかカッコイイ。

celestecafe10

1人で自転車に乗ってやってきて、
ここで仲間を見つけて一緒に走るという光景もよくあること。
小野さんの気さくな雰囲気は人と人とをつなぐ。

“高校生とかが自転車を買う前に来ることもあるんです。
常連さんたちにいろいろ聞いて勉強してるんです”

自転車に興味を持つと一度は行ってみたい場所担っているように感じた。

自己責任で自分でメンテナンスを行うのが前提だが
空気入れやちょっとした工具も借りることができるそう。
初心者でもたよりになる人がいる場所はこころ強い。

celestecafe3
《奥に進むと壁には絵本、ソファー席と授乳が可能なスペース》

じつはここはもうひとつの顔を持つ。
こちらはお子さんを持つお母さん向け。

この店内は小野夫婦、そして家族や仲間たちと一緒に作った。
奥さんのおじいさんの所有していた家一軒分の古材を利用。

celestecafe2

さらにスナックだった名残を残し、座席を山から切ってきた木の丸太に変えた。

celestecafe9

もちろん、お母さんじゃなくても自転車乗りじゃなくても
ちょっと内浦に行った時に小野さん夫婦に会いに行きたくなる。
おしゃれでほっとする場所がある。

≪CELESTE-CAFE チェレステカフェ≫
沼津市口野55-16
TEL:090-6350-0023
【営業時間】
月/11:30-20:00
水〜金/11:30-20:00
土/6:30-9:30、11:30-20:00
日/6:30-9:30、11:30-17:00
http://celestecafe.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>